« フィギュアスケートとコスチューム | Main | Creative Beading Vol.5 ビーズ洋書 »

02/28/2010

フィギュアスケートとコスチュームその2

女子フィギュア感動でした。人が一生懸命努力する姿を見るのはとても感動しますね。浅田真央さんの自分自身に厳しいところがまたうるっときました。

スケート技術プラス、選手の持っている雰囲気、曲、コスチュームの調和が大事なんでしょうね。今回赤と黒の組み合わせのコスチュームが多かった気がします。長州未来さんの赤色の背景に黒のバラが装飾されたコスチュームが彼女の雰囲気と見事マッチしていてとても印象に残りました。浅田真央さんも赤と黒の荘厳なイメージのコスチュームでした。
キム・ヨナさんの007のコスチュームは、シンプルだけど細かいディテールが凝っていて上品でした。ひとつひとつの四角の中にまた小さなラインストーンが埋め込まれています。フリーの時の青のコスチュームもとてもシンプルでしたが、首のカラーから雫が斜めに流れていたり細部が素敵でした。テーマに沿った雰囲気を表現するためにどのような色を選択するか、動きを出すためにどのようにラインストーンを配置するかなど、ビーズ作品を作る時と重なるものがありますね。ああ、楽しかった~。

« フィギュアスケートとコスチューム | Main | Creative Beading Vol.5 ビーズ洋書 »

ビーズステッチ その他」カテゴリの記事